もんじゃナビ

もんじゃ焼きの歴史

もんじゃ焼きの始まりは安土桃山時代まで遡ります…
あの茶人で有名な千利休が「麩の焼き」というものを作らせていて、これがもんじゃ焼きの始まりとなっています。
麩の焼きを始めとして江戸末期~明治には味噌の代わりに餡を巻いて作る「助総焼」。助総焼きは東京や大阪で流行した後に「もんじゃ焼き」「どんどん焼き」が誕生。明治時代にはんじゃ焼きのスタイルが確定ていたのです。

昭和初期の東京下町にある駄菓子屋さんには大体もんじゃ焼きの鉄板が設置されていて時代によって具材が変わっていきます。
昭和20年は物資の欠乏があったのでうどん粉を水で溶かし味付けしただけの物が主流。昭和30年代中頃には貝や切りイカキャベツが入り具の種類が増えていったそうです。

しかし近年には駄菓子屋が激減したために駄菓子屋で子供達がもんじゃを食べるというスタイルが無くなってしまったのです。
今では観光客やサラリーマン、ファミリーにもすっかりB級グルメの定番として定着しているもんじゃ焼き。鉄板を囲み気取らず楽しく食べられるというスタイルが様々な世代に愛される理由かもしれません。